美濃焼の里
本文へジャンプ 美濃焼ネット21 
             

 

美濃焼ネット21とは。

伝統と陶工の技が創りだす美濃焼・・・

「美濃焼」岐阜県東濃地方で造り出される陶器です。歴史は古く、今から1300年以上前まで遡ります。最初は朝鮮半島から須恵器の技術が伝えられました。平安時代(10世紀)になると白瓷(しらし)と言われる灰釉(かいゆう)を施した陶器が焼かれるようになりました。この白瓷は須恵器を改良し、釉薬(ゆうやく)を使ったものです。この頃から窯の数も多くなり、本格的な焼き物生産地となりました。安土桃山時代から江戸時代初頭にかけて、茶の湯の流行とともに、文化の交流の街道中仙道の中程に位置し良質の原料が出土するなどの条件が合い古田織部等の茶人の好みを反映した焼き物が生産されました。現在は陶磁器生産も機械化が進み自動成型機も導入され日本で生産される陶磁器の大半を占めるようになりました。「美濃焼ネット21」は、そんな陶磁器の街で活躍する陶磁器製造業者、陶磁器卸売業者の有志が集まり、次世代の美濃焼について話し合い、インターネット等により情報の収集分析し柔軟に対応する事で、今後の美濃焼の方向性を模索し考える会です。


美濃焼きの里は・・・

「美濃焼の里」は、日本の真中あたりに所在する街。
「美濃焼の里」は、陶器の街。
「美濃焼の里」は、歴史と文化の街。
「美濃焼の里」は、ゴルフ場がたくさんある街。

木曽路の入口に在ります、中央自動車道を降りてお立ち寄りください。
「よさこいそうらんのバサラ」も元気です。